尾鈴ファーム  
 
 
mail
 
 


川南町は宮崎県のほぼ中央に位置し、西に上面木山、東は日向灘を臨み、町の中央に平田川が流れる人口1万7000人の自然豊かな町です。戦後、全国各地から多くの農業移住者を受け入れ発展した歴史をもち、青森県十和田市、福島県矢吹町と並んで日本三大開拓地として知られています。
町は豊富な地下水と広大な台地を利用し畜産業が盛んで、特に養豚は県内第二位の飼養頭数を誇ります。尾鈴ミートの農場は、国指定史跡・川南古墳群の中に位置し、入口には前方後円墳の小高い丘があります。南国の穏やかな気候で冬も比較的暖かく、町の喧騒から離れた静かな環境のもと、豚はストレスなくのびのびと育っています。

 
高台にある「峠の里」より川南の町を臨む。   川南の静かで広々とした環境で、元気に育つ豚たち。
 
川南町の冬の風物詩、イルミネーション。   町内にある名滝「篠原みようと滝」

飼育環境と同時に、豚の味を決めるうえで重要なのが「飼料」です。通常は飼料会社で配合された餌を購入して与えるケースが多いなか、尾鈴ミートではトウモロコシや大豆などを個別に購入し、農場内でブレンドしています。要となるトウモロコシは、丸粒のまま購入し、自社で粉砕し給餌します。こうすることでトウモロコシの栄養分が損なわれることなく、豚の体内で吸収を高めることができます。また川南町内の農家と契約し、地元で生産された米を飼料として配合。お米を食べた豚はオレイン酸の割合が増え、お肉の旨みが増すといわれています。さらに食品工場から出たパンの耳などの食物残さを加工した飼料(リサイクル飼料)を与え、味をよくしながら、環境にやさしい農業を実践しています。
 
とうもろこしは丸粒のまま購入し、自社で粉砕します。   農場に運びこまれる餌の原料。自社設計・配合が基本です。
 
地元の農家から仕入れた米(飼料米)も自社で精米加工しています。   パンの耳などの食物残さを加工したリサイクル飼料。肉の脂肪交雑(サシ)が増し、食味がよくなる効果があります。

輸入農産物の農薬残留や食品の不正表示などの食の安全をゆるがす出来事が後を絶ちません。こうした現状や食に対する安全意識の高まりで、伝染病や残留抗生物質などの早期発見につながる衛生管理の方法として「農場HACCP(ハサップ)」が注目されています。HACCPは「危険度分析に基づく重点衛生管理」という意味で、原料の入荷、製造(飼育)、出荷までの各段階で危害を分析して作業を管理し、記録を文書管理するというものです。尾鈴ミートでは、2002年から農場HACCPの導入に取組み、食の安全の確保に努めてきました。具体的には、ワクチンや抗生物質を接種する注射針の管理において、滅菌をしないままの使い回しや針が折れて豚肉に残留するのを防ぐため、針を持ち出した日や使用者、使用本数などを表に記録し、返却する際にも同じ手続きを繰り返します。万が一、針の欠損が見つかった場合は、針が混入した可能性がある豚をマークして解体段階まで追跡します。
農場HACCPの推進と同時に、一般的な衛生管理にも力を入れています。浄化処理施設の完備のほか、豚を移動(出荷)後に徹底した洗浄を行い、有機物を完全に除去清掃する「オールインオールアウト」の実施、豚や飼料の搬入など当農場に入ってくるすべての車両をゲート前で停止させ、消毒液をかける対応などがそれに当たります。日々の衛生管理を実行することが豚にとって最適な生育環境となり、皆様に安心できる食品をお届けできる基礎になると考えます。
 
農場に入ってくる車両はシャワーで消毒洗浄します。   出荷した後の豚舎は徹底的に洗浄し、有機物を完全に除去。
 
農場から排出される汚水は逆浸透膜ろ過を用いた処理施設で浄化します。   生き物への愛情を絶やさず、食品を生産するという意識をもって管理にあたります。

尾鈴ミートで生産される豚は、産肉性の高い大ヨークシャー種(W)と、繁殖性に優れたランドレース種(L)を母豚とし、肉量や肉質に優れたデュロック種(D)の雄を掛け合わせてできる三元交雑種(WDL)です。肉質はやわらかく、脂はさっぱりとして食べやすいのが特長です。乳酸菌、納豆菌などの有用微生物を配合しており、肉の臭みや煮たときのアクが少ないとの評価もいただいています。現在、お肉は加盟する農事組合法人・綾豚会(りょうとんかい)を通して、グリーンコープ生協等に出荷しています。自社単独のブランドとしては、現在ほとんど流通していませんが、今後は「尾鈴ミート」の名がついた精肉をはじめ、生ハムなどの加工品も販売していく予定です。
私たちはこのように良質な豚肉を提供しながら、地域に残る「農の風景」を次世代に伝えていきたいとも考えています。春には水を蓄え、田植えをしたばかりの苗が風になびき、夏には稲が生い茂る。そして、秋には黄金色に色づいた稲を刈り取る。稲作の1つひとつの作業やそれにまつわる祭りの文化は、まさに日本の原風景です。地元でとれた米を飼料に使っているのも、できるだけ耕作放棄地を減らして、地域の景観を守りたいとの思いからです。少しづつではありますがそれを実践し、農業を盛り上げたいと思います。

 
肉質はやわらかく、脂はさっぱりとして食べやすいのが特長です。   しゃぶしゃぶにしたときのアクが少ないのも特徴です。
 
スタッフ全員の力を結集し、前進します!   地域に残る「農の風景」を残したいとの思いで畜産に取り組んでいます。

   
有限会社 尾鈴ミート|〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町川南850-13 TEL:0983-27-1295 FAX : 0983-27-0701
Copyright(C) 2014 有限会社 尾鈴ミート All Rights Reserved.